CRAFT BEER

ヤッホーブルーイングのドラフトビール

“ビールに味を!人生に幸せを! ”というミッションのもと、日本のビール文化にバラエティを提供し、お客様にささやかな幸せを届けるという想いで、品質にこだわった個性的で味わい豊かなクラフトビールを製造している ヤッホーブルーイング。

「YONAYONA BEER WORKS」では、そのヤッホーブルーイングが手掛ける “よなよなエール”や“インドの青鬼”、“東京ブラック”、“水曜日のネコ”など、現在製造するクラフトビールを10種類前後楽しめます。また、期間限定醸造ビールもどこよりも早くご用意したり、ここでしか飲めないオリジナルビール “WORKS ALE”を不定期で提供します。

温度、ガス圧、グラス、注ぎ方にもこだわっています。ビールによって注ぐ高さや角度にもこだわり、缶では表現できないガス圧もスタイルによって調整しています。また、ビールの種類やサイズによっては、ドイツの名門グラスウェアブランドである “シュピゲラウ”を数種類使い分け、ブルワーの想いや本来の味わいを最大限引き出し提供することを心がけています。

この特別感を味わえるのは「 YONA YONA BEER WORKS」だけです。

BEER LINEUP ビールのラインナップ

よなよなエール

柑橘系の香りが特徴のアメリカンホップの代表的な品種「カスケード」をふんだんに使った、香りのよさが特徴のヤッホーのフラッグシップエー ル。濃色系のキャラメルモルトによる美しい琥珀色と程よい甘みがホップアロマを支えます。 2017年のIBC(インターナショナルビアカップ)のペールエール部門 では、数あるビールの中で見事、銅賞に輝くなどクラフトビールでは有名。製品コンセプトは手軽に飲める本格エールビール。エールビールを楽しむ文化のない日本でも、毎晩 “よなよな”飲んでほしいという意味 で“よなよなエール”と名付けました。イメージは夜、ゆったり、リラックスしながら飲むビールです。

インドの青鬼

進化を続けるIPA(インディアペールエール)。普通のビールの3倍の IBU (インターナショナルビターネスユニット)という「驚愕の苦み」と、アメリカンホップによる柑橘、グレープフルーツのような香りが特徴です。発売当初は英国ホップがメインのイングリッシュスタイル IPAでしたが、2014年ごろからアメリカンホップを使ったアメリカン IPAに変更し、華やかな柑橘系の香りを前面に押し出すように なりました。 使用ホップや量は不定期に修正 しブラッシュアップしています。 IPAはそもそも 18 世紀のイギリスで生まれたスタイル。当時 イギリスの植民地だったインドに喜望峰回りでビールを運ぶために、品質保持を目的として大量のホップを使ったビールとなったという説が あります。“インドの青鬼”のコンセプトは「とんがり度満点のエール」。物凄く苦くて尖がっているビールと言うことで鬼のキャラクターを設定し ホップの香り苦さから青鬼となりました。テーマカラーの青は海もイメージしています。

水曜日のネコ

ベルジャン酵母と小麦麦芽、オレンジピール、コリアンダーシードを使用した、ベルギースタイルのホワイトエール。苦みは少なく、小麦麦芽を使用 しているので口当たりがよくまろやか。ホップの投入量は少なく、ベルジャンイーストの醸し出すスパイシーでフルーティ(リンゴ・バナナのよう)な香りが特徴。オレンジピール(オレンジの皮を乾燥させたもの)とコリアンダーシード(コリアンダーの乾燥種子)を加えていることも、このビールの特徴です。ベルジャンホワイトスタイルの代表的な銘柄は、ベルギーのヒューガルデンやVIDET.だが、この“水曜日のネコ”も同じ方向性のビールである。ネコは、自由気まま、しがらみのなさの象徴。ネコみたいに、きままになろうという想いが込められています。

東京ブラック

イギリス伝統の黒ビール「ポーター」スタイル。 Robust とは力強いという意味。ポーターは 18世紀に人気を博した黒ビールで、港湾労働者に人気だったためそう呼ばれたそうです。これを元にギネスで有名なスタウトがつくられています。スタウトとの違いは、スタウトが麦芽化していないローストバーレイを使用しているのに対し、ポーターはあくまでも麦芽のみを使用しています。それによりスタウトの方が幾分ドライで、ポーターの方がモルティです(特に東京ブラックは) “東京ブラック”は正統派なポーターでコーヒーのようなロースト香と モルト感が特徴。後味もギネスと違い酸味がなくクリア。 チョコレートモルト、ブラックモルトにより色はほぼ真っ黒です。 100 年以上の歴史を持つイギリスのビール品評会「Inter National Brewing Award」で銅賞を獲得し、ポーターの本場イギリスでも 高い評価を得ています 。東京ブラックを発売した当時、日本に入ってくる上面発酵(エールビール)系の黒ビールは鮮度の落ちたものばかり でした。本来の新鮮な黒ビールを世に送り出したいという想いから、日本の(新鮮な)黒ビールの代表として、東京ブラックと名前を付けています。

SUN SUN

サンサンは有機栽培されたモルトとホップのみを使用し、有機認証を得た醸造所で醸造されたビールです。長年のエールビール醸造から培った技術を生かし、すっきりした飲み味の中にも、ビール本来の素材を感じさせる味に仕上げました。

僕ビール、君ビール。

「SAISON(セゾン)」は、かつてベルギーやフランスの一部で、夏の農作業の間に飲まれていたと言われる季節限定のビール。そんな伝統的なビアスタイルを現代風にアレンジしました。レモンやマスカット、ハーブを思わせる軽快な香りと、スッと抜ける爽やかな苦み。アルコール度数は4.5%に抑え、軽快な飲み口が特徴のビールです。

よなよなリアルエール

ふくよかな香りと豊かなコク。訪れるのは上質な時間。 いつものビールとは何もかもが違う。なにも取り除かない、余計な手を加えない「生きているビール」だからこその、圧倒的にふくよかな香りとコク。

ハレの日仙人

「ハレの日仙人」は、人生の折り目、節目のお祝いごとの席でお飲みいただくために誕生したビールです。とてつもなく長い時間、タンクの中で熟成し続け、その特別な時を迎えます。熟成にかけた時間だけが生む甘い香りや重厚感のあるコクの余韻をお楽しみください。

WORKS ALE

“WORKS ALE”は、ヤッホーブルーイングが醸造したクラフトビールで、世に出回ることのないYONA YONA BEER WORKSでしか飲めないビールです。ゼロから開発したビールはもちろん、ヤッホーブルーイングのスタッフが社内コンペで醸造したものを改良したビールも提供します。どれも流行に左右されず、オリジナル性溢れる個性的なビールです。発売時期は不定期ですが、年3~4回を目途に、リリースしています。

HOW TO DRINK 飲み方色々!

飲みたいビールが決まったら、グラスの大きさをチョイス!

スモールグラス

250㎖

少しずついろんなビールを飲みたい時にもおすすめ!

レギュラーグラス

400㎖

スタンダードなサイズ!迷ったらまずはこのグラスで!

パイントグラス

550㎖

一番大きいグラス!1種類のビールを長く楽しみたい方におすすめ!ビールによっては専用のパイントグラスでご提供いたします!

BEER FLIGHT ちょっとずつ楽しみたい!

「YONA YONA BEER WORKS」では、クラフトビールをもっと楽しく味わえるように2つのBEER FLIGHT(ビアフライト)をご用意しています。 BEER FLIGHTとは、飲み比べができるお得なテイスティングセットのことです。通常よりも少量で、数種類のビールが楽しめます。3種類の ビールをお選びいただけるものと、10種類のビールを楽しめる「よなよなメリーゴーランド」の2タイプあります。「よなよなメリーゴーランド」は、丸い木枠の台座にグラスを並べ、ネーミングの通りその台がくるくる回る、遊び心のあるBEER FLIGHTです。より多くのビールを味わいたい方や、グループでシェアして飲みたい方などにおすすめです。

3種飲み比べセット

Tasting 200㎖ / 1glass

いろんな種類のビールを楽しみたい!
量は飲めないけど色々味見したい!
そんな方におすすめです!
選べるビールはこの6種類から!

10種類のビールを楽しめる
「よなよなメリーゴーランド」

250㎖ glass × 9 + 180㎖ glass × 1

10種類のビールが勢ぞろい!
みんなでシェアして楽しもう!